ウミ
クル

このブログを作成してみた感想

webデザインの勉強を初めたころから、アウトプットの場としてブログを書こうと考えていました。
Udemyで勉強している時もブログの記事になるようなネタを残し、一部は手っ取り早くQiitaに記事を投稿していたので、 ブログ作りにはそんなに時間がかからないだろう、と簡単に考えていたのです。

ところが。
いざブログを作ろうとすると、あれこれ悩んで手が動きません。
記事作成、サイト構成、ページレイアウト、コード設計、ブログ名、ロゴ、、、
一つに取り掛かると違うことが気になり、結局どれも進まずに時間が過ぎていく。
まさに焦りの境地ですね。

そんな時に 「コーディングを助けるためにデザイナーができること」 という記事に遭遇。
想像力を働かせて次の工程に配慮しつつ、一つ一つの仕事を丁寧に進めることが書かれています。 web制作にとどまらず、全ての仕事に対して言えることかもしれないな、と深く納得しました。

一旦落ち着いて、自分の中にデザイナーさんとコーダーさんを置き、役割を分担してみました。 実務のように作業を切り分け、それぞれの関係性をみて計画を立ててみます。 すると分担がごちゃ混ぜの状態で、あれもこれも気になって全てが中途半端な状態から、ようやく抜け出すことが出来たのです。 その後は、次工程に配慮しながら一つ一つ丁寧に、を意識するとスムーズに進みました。

このページでは、ブログ作成にあたって特に大変だと感じた点を書き出してみたいと思います。

記事作成
世に公開される記事を書くって責任重大ですよね。。
なので調べます。
よって進みません。
ようやく伝えたい内容の理解が深まってきても、今度は自分の文章に納得がいかずに、また止まる。 予想以上に時間はかかりましたが、「100点を目指しても無理なので、70点くらいでGoで良い」という話を聞き、良しとしました。

〜ブログを公開した二ヶ月後〜
「ビジネスに役立つ上手な文章の書き方11のコツ」 という記事に出会いました。
よくある文章に潜む、伝わりにくいポイントについて、秀逸な例文とともに詳しく解説している記事です。 伝わりやすくするための修正方法も丁寧に、具体的に書かれています。
今後はこの記事を参考にしながら、文章の練習をしていきたいと思います。

コード設計
クラス名はBEMの命名規則に則り、ファイルはSass the 7-1 patternに沿って振り分けをしたつもりではあります。。が、これがまた難しかった。
コード設計をものにするには時間がかかりそうなので、今後ダミーサイトなどで練習を重ねて少しずつ理解を深めたいです。

レスポンシブ対応
デスクトップ版で完成したコードをモバイル版にも適用させていく中で、そもそもここはgridではなくflexだったのではという箇所がいくつか。。 モバイル用に修正したつもりがデスクトップ版にも影響が。。ということで画面を伸ばして縮めて、伸ばして縮めて。。頭がこんがらがりました。
また、どうしてもgridを使いたいところには機能クエリの@supportsでflexで代用としたのですが、gridの代用がflexでいいのか、どうせならFloatにした方がいいのでは。。 などなど、やはり独学では限界があると感じた箇所がいくつかあります。

覚えることが多い !
というか、覚えたらもっと良いサイトができるのにと感じたり、知れば知るほどweb沼が深くて焦ってしまう意味で大変な点です。
WordPressとJavaScriptは覚えたいと思っているので、本やUdemy講座は用意してあるのですが、まだHTMLとCSSだけでいっぱいいっぱいで、なかなか取り組めていません。
そしてGitとGitHub。
よくわからないけどいつか勉強しなければ程度に思っていたし、ファイルのバックアップについてみんなどうしているんだろう、と疑問は持っていました。
するとこれこそが、変更の履歴管理やら、機能追加など複数のバージョンを管理をしてくれるツールだそうで。。 アウトプットしている今まさに必要じゃないですか。
勉強を進めるとその世界が見えてきて、深すぎて怖いというのが今の気持ちですが、少しずつ前に進んでいくしかないですね。
でも楽しいので頑張ります !